ツーリングバッグの選び方-用途とスタイルに合ったツーリングバッグを選ぼう!

ツーリングバッグの選び方-用途とスタイルに合ったツーリングバッグを選ぼう!

バイクはとっても楽しい乗り物。
しかし、車とは違って「積載性」が大きな問題となってきます。一部のモデルとスクーターを除いて、バイクには荷物を収納するスペースがありません。
その問題を解決するのが、タンクバックやリアバック等のツーリングバックです。
これから、ツーリングに出かける予定のある方、選び方がわからないと思っている方に今回は「ツーリングバックの選び方」をご紹介します!


ツーリングバックはこの様な種類があります。  
バイクに装着するバッグ

タンクバッグ

オートバイの燃料タンクの位置に取り付けるタイプのバッグ。燃料タンク等の表面に直接装着することが多いのでバックル等には傷を付けにくいプラスティック(合成樹脂)が使われている事が多く、樹脂タンクや形状が複雑なタンク用に、ベルトで取り付けるものもあります。
また、バックの上面に地図を入れられる透明なポケットとなった構造を持つものが多く、荷物から地図を取り出して広げる手間がかからなく、乗車姿勢のまま短時間の停車で小銭や手回り品を出し入れできる様に工夫されています。


サイドバッグ

後部シート右、または左側に取り付けるバックのことで、ツアラー、アメリカンバイクでよく見かける振り分けタイプのバッグです。
荷物の積載、タンデムを両立できます。
バイクに取り付けるバッグの位置がほぼ決まっており、シートやバイクの形状によっては取付できない場合もあります。

シートバッグ

主にシートに取り付けるバッグ。
一泊程度の荷物の量からロングツーリングに対応するものまで充実しています。
シートにつけるため、荷物が安定しますがタンデムができなくなる欠点もあります。

ライダーが身につけるバッグ

ウェストバッグ

腰にベルトで装着するバッグ。
タバコ、携帯電話等、小物を収納するのに便利です。個別に色々と収納できるポケットがついているので、近場に出かけるだけでなく、ツーリングの補助バッグとして活用している方が多いです。

ディバック

背中に背負う荷物入れ。
バイク用のディバックは背中のムレを防ぐメッシュ素材を使用したりライディングスタイルでも肩に食い込みにくいストラップを使用したりと、ライダーの動きを妨げない様に色々と工夫されています。

メッセンジャーバッグ

ライディング中にバッグを体に密着させることができます。適度な量の荷物が入りサイズもコンパクトなため、日帰りツーリングなどに向いています。

「旅」の目的に合わせて使いやすいバックを選ぶという事はツーリングを楽しくする大事な要素。
日帰りツーリング、1〜2泊ツーリング、3泊以上のロングツーリングではどんなアイテムを選べばよいのか?
ポイントをお教えします。
日帰りツーリング

日帰りでおすすめなのが、見やすいマップケースを備えたタンクバッグやディバック等がおすすめです。
日帰りなので、容量は小さめでも大丈夫です。
チケットカード、小銭、領収書等の収納ができ、乗車時に作業しやすいバッグがおすすめです。

1〜2泊ツーリング

ツーリングは宿泊するかによって当然荷物の量は変わってきます。
着替え、洗面道具をコンパクトにまとめられるバッグがおすすめです。また高地では朝晩の冷え込みもある可能性もあるので、10〜20リットルとある程度積載量のあるバッグがおすすめです。
またツーリングネット等をもっていけば、現地でお土産を買っても収納に困るという事もありません。

ロングツーリング

長期休暇にロングツーリング!を計画されている方は結構いらっしゃると思います。
どのくらいの容量のバックを選べばよいのか?悩んでしまいがちですが、3泊以上ならば40リットル以上のシートバッグ等がおすすめです。
可変容量タイプのバックは、旅先でお土産をかっても入れられるので大変便利です。
またツーリング先でいつ雨に降られても大丈夫な様に、防水系のものがいいと思います。


尚、キャンプツーリングを予定している方は、一般的な荷物の他にテント、自炊道具等を積むことになります。
ツーリングの装備はだいたい60〜100リットル位になるかと思います。

トップケース

トップケースは荷崩れや荷物の落下を防ぐことができ、雨天でも荷物への浸水を防ぐ事ができます。着脱が簡単で、またカギがついているので盗難対策という点でもおすすめです。

キャンプツーリング

ちなみにテントはどの様なものがいいのか?と悩んでいる方は、「値段」「サイズ」「用途」を選び方の基準としてみてください。
値段で選ぶ

「値段」で選ぶ場合、キャンプツーリング用のテントでだいたい2〜3万円のものが主流となっています。「もっと安いテントが欲しい!」と考えている方はホームセンターに1万円以下で売っている商品もあります。ただ防水性や耐久性に不安があるので、長く使うつもりならば、キャンプツーリング用テントの方が無難です。

サイズで選ぶ

「サイズ」で選ぶ場合、荷物やブーツ、ヘルメットを置いたりするので、使用人数プラス1がベターです。前室の大きいテントはブーツ、バッグ、ヘルメットを置けたり、雨の日の調理等に重宝します。

用途で選ぶ

「用途」で選ぶ場合、滞在型、移動型、また季節により選び方が変わってきます。
夏場のキャンプツーリングはメッシュを多用した通気性のよいテントがベターです。キャンプ場に着いて寝るだけに使うものであれば、設営の簡単なものを選んだ方がいいです。


キャンプ道具を積みながらも体に負担をかけない様にするには、シートバッグ、サイドバッグ、タンクバッグの3つのバッグに荷物を分散して、体はフリーにしておいた方がいいと思います。

自分に良いバッグを選ぶ事により、バイクツーリングは楽しいものになります。
たかがバックといえども、バッグも立派なドレスアップの一つだと思いますよ。